[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツにジャンプします↓]

トップページ > Brand Index > 和装飾り「咲衣粋」 > 和装飾り(帯パネル)「咲衣粋」) 028
サイト内検索 by Google

モダン和装飾り 咲衣粋(SAISUI)

和装飾り『咲衣粋(〜SAISUI〜)』は日本の織物から作られたモダンなインテリア装飾です。
日本の伝統文化を蘇らせるプロジェクトの一つ「咲衣粋」は、
着物帯の美しいデザインを使用したインテリアパネルです。

鮮やかな伝統織物が住空間からオフィスを彩り、人々に楽しむ心「和の想い」を伝えます。
伝統技法で織られたデザインと生地
- 日本の織物、日本の紋様、日本の昔ながらの色の織りなす世界 -
様々な空間や場面でお楽しみいただけましたら幸いです。

期間限定ではございますが、作者さまのご意向で 通常販売価格の25%〜Off にて
特別に販売させていただきます。
※期間:2012年11月末日までにご注文をいただきました方になります。

設置例

和装飾り(帯パネル) 咲衣粋(SAISUI) 028

作品イメージ
No.029 サムネイル9 サムネイル10 サムネイル11 サムネイル12

※商品画像の色はご使用のモニター、プリンターにより異なって見えます。予め、ご了承ください。

 皇帝貝紫を使用している貴重な一品です。
蜀江の連続文様の中に荘厳な華文が花々しく配置されています。
淡い色のグラデーションがなんとも優しい雰囲気を作り出します。

[注釈] 貝紫染です。
貝紫とは、アクキ貝という貝の分泌液を染料に加工したものだそうで、ひとつの貝からわずかしか採れない貴重な染料なのだそうです。

 蜀江(しょっこう)文様とは、3世紀に三国志で有名な蜀の国の染に適した川で作られていた蜀江錦を元にし、明の時代に、今の形が確立され、日本に輸入されて、茶器の入れ物や袱紗として珍重されましたようで、その文様(八角形を四角形でつないである連続文様)を基にしています。
中国ではこの蜀江錦の図案をもとにして、 さまざまな文様の蜀江錦が織られ、日本でも、この蜀江文様を模してさまざまな意匠が考案されましたそうです。

 ひとつひとつちがった華紋の連続しました蜀江紋様がそれぞれに、やさしいグラデーションの染め色に、上手く溶け込んで、優しい素敵な雰囲気を醸し出しています。

[商品名]
和装飾り 咲衣粋(SAISUI) 028
[生地]
帯(正絹/シルク・金銀糸他)
[木枠]
角材・ベニヤ
※木材等の材質はシックハウス症候群対策
ホルムアルデヒド発散等級F
[寸法]
3 1 3( W )×9 1 0( H)×3 5(D) mm
※下段図面をご参照下さい。
[重量]
約 1,200 g
[価格]
\63,000 (税込・オープニング価格)

※配送料につきましては、配送先により異なりますが、国内では、離島・海外を除き、¥2,000以内が目安となります。後ほどメールにてお知らせさせていただきます。

設計図面

和装飾り(帯パネル)「咲衣粋」INDEX | 作品007 | 作品021 | 作品028

※より詳しい情報をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 → お問い合わせフォーム

ページトップ

コンテンツの最初にもどります。